受賞作家 最新情報
2019年7月〜

WEB本の雑誌に『シャガクに訊け!』の最速書評!

WEB本の雑誌に、大石大『シャガクに訊け!』の書評が載りました。評者は書評家の松井ゆかりさん。「勉強と絡めた創作物はだいたいにおいておもしろみが薄れるものだが(ドラえもんやコナン君の学習漫画にしても、やっぱり本編を超えられないではないか)、本書はそのあたりがうまくクリアされている。本書の前半は学生相談エピソードが続くが、中盤以降一転して冒険活劇(?)的な要素が入ってくるのも意外性があってお見事。」と書かれています。先日行われた大石大と金原瑞人さんの対談イベントについても言及がある最速書評です。ぜひ全文をお読みください。(11月14日)

☞ WEB本の雑誌 > 相談&活劇の大石大『シャガクに訊け!』/文=松井ゆかり

☞ Amazon > シャガクに訊け!
☞ Book Bang > 社会学+人生相談『シャガクに訊け!』新刊エッセイ/大石大
☞ 今月のゆでかげん/大石大「禁煙宣言」
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作/入札結果発表!

大石大『シャガクに訊け!』対談イベント盛会のうちに終了!

昨日、法政大学市ヶ谷キャンパスにて行われた、大石大『シャガクに訊け!』刊行記念の金原瑞人さんとの対談イベントは、盛会のうちに無事終了しました。昨日はまた、法政大学、早稲田大学、東京大学の各大学生協書店への挨拶まわりもありました。ツイッターにアップしたいくつかを紹介します。(11月12日)

☞ Amazon > シャガクに訊け!
☞ Book Bang > 社会学+人生相談『シャガクに訊け!』新刊エッセイ/大石大
☞ 今月のゆでかげん/大石大「禁煙宣言」
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作/入札結果発表!

大石大『シャガクに訊け!』本日発売!

第22回(今年)ボイルドエッグズ新人賞受賞作、大石大『シャガクに訊け!』(光文社)はいよいよ本日発売です。社会心理学×人生相談×青春×ミステリー! 楽しくてためになる大型新人のデビュー作、ぜひお読みください。Amazonにも入荷しました。(10月22日)

☞ Amazon > シャガクに訊け!
☞ 今月のゆでかげん/大石大「作家デビューのためのブックリスト
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作/入札結果発表!

小説宝石11月号に大石大の新刊エッセイ!

「小説宝石」11月号(光文社)に、『シャガクに訊け!』(光文社)でいよいよ作家デビューする大石大の新刊エッセイが載っています。『シャガクに訊け!』も小説宝石も、ともに10月22日発売です。どちらもぜひお読みください。(10月19日)

☞ Book Bang > 社会学+人生相談『シャガクに訊け!』新刊エッセイ/大石大(←ウェブで読めるようになりました)
☞ Amazon > シャガクに訊け!

☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作/入札結果発表!

大石大『シャガクに訊け!』見本出来!

第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作、大石大『シャガクに訊け!』(光文社)の見本が届きました。人生相談+社会心理学+青春ミステリーという、読んで楽しく、ためにもなる新しいタイプの小説です。発売は10月22日。どうぞお楽しみに!(10月14日)

☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作/入札結果発表!

大石大『シャガクに訊け!』10月22日発売!

第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作、大石大『シャガクに訊け!』は光文社より10月22日発売の予定です。いましばらくお待ちください!(10月2日)


尾﨑英子、新作長編脱稿・12月刊予定!

尾﨑英子の新作長編(第4作)が先日脱稿しました。将棋少女の物語です。光文社より12月刊予定で進行中です。タイトルその他はあらためて告知します。楽しみにお待ちください!(9月13日)

☞ 今月のゆでかげん > 夏の終わりに思うこと


クロワッサンに坪田侑也『探偵はぼっちじゃない』のインタビュー記事!

本日発売「クロワッサン」(マガジンハウス/1004号)に坪田侑也『探偵はぼっちじゃない』のインタビュー記事が大きく載っています。「……坪田さんが『自分の気持ちをぶつけました」と語るこれらの言葉は、新星の誕生のような熱量の高い煌めきを見せ、眩しい。」小説ともども、ぜひ記事の全文をお読みください。 (8月24日)

☞ Amazon > 探偵はぼっちじゃない
☞ 朝日新聞 > カジュアル読書 > 中学生と教師の視点、絡み合う謎『探偵はぼっちじゃない』坪田侑也さん
☞ 文春オンライン > 中学3年の夏休みに書いた“自由研究”がデビュー作に。慶應に通う高校生作家の素顔
☞ anan NEWS > 小3から小説を!注目の高校生作家・坪田侑也の『探偵はぼっちじゃない』
☞ anan 電子版はこちらから購入できます
☞ Amazon > 別冊文藝春秋7月号(電子版26号)
☞ 別冊文藝春秋7月号 目次
☞ Hayakawa Online > ミステリマガジン2019年7月号
☞ J-CAST BOOKウォッチ > 火曜J-CAST書評 > 慶応義塾普通部の3年生が書いた等身大の推理小説
☞ カドブン > 大の大人をなぎ倒す上手さと、中3ならではの切実さ! 話題の天才作家デビュー作を試し読み!(第5回)
☞ カドブン > 中3デビュー作家が描く学園ミステリ。中学男子の屈託と新米教師の憂鬱が事件を呼び寄せた!(第4回)
☞ カドブン > 発売即Amazon品切れ! 話題の中3デビューミステリを試し読み(第3回)
☞ カドブン > 中3にしてこのうまさ! プロ作家も驚嘆のデビュー作試し読み!!(第2回)
☞ カドブン > 藤井七段と同い年、“天才世代”のミステリ作家が登場!!(第1回)
☞ 日刊リウイチ(3月31日付の日記)
☞ ダ・ヴィンチニュース > レビュー >自殺をしようとしている生徒は一体誰なのか――10代の著者が巧みな構成で描く、青春と“自殺”をめぐるミステリー
☞ 第21回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 受賞の言葉/坪田侑也


瀧井朝世さん「読楽」8月号で『探偵はぼっちじゃない』絶賛!

「読楽」8月号(徳間書店)で瀧井朝世さんが坪田侑也『探偵はぼっちじゃない』を取り上げ、「読んでいる最中は物語に夢中になってすっかり忘れていたが、著者は中学生の時に、同世代の抱きがちなコンプレックスを客観的に考察して……教師たちの人間模様や生徒に対する思いなどをここまでリアルに描いたのだと気づいて、心底感心してしまった」と絶賛しています。ぜひ全文をお読みください。 (7月25日)

☞ Amazon > 探偵はぼっちじゃない
☞ 朝日新聞 > カジュアル読書 > 中学生と教師の視点、絡み合う謎『探偵はぼっちじゃない』坪田侑也さん
☞ 文春オンライン > 中学3年の夏休みに書いた“自由研究”がデビュー作に。慶應に通う高校生作家の素顔
☞ anan NEWS > 小3から小説を!注目の高校生作家・坪田侑也の『探偵はぼっちじゃない』
☞ anan 電子版はこちらから購入できます
☞ Amazon > 別冊文藝春秋7月号(電子版26号)
☞ 別冊文藝春秋7月号 目次
☞ Hayakawa Online > ミステリマガジン2019年7月号
☞ J-CAST BOOKウォッチ > 火曜J-CAST書評 > 慶応義塾普通部の3年生が書いた等身大の推理小説
☞ カドブン > 大の大人をなぎ倒す上手さと、中3ならではの切実さ! 話題の天才作家デビュー作を試し読み!(第5回)
☞ カドブン > 中3デビュー作家が描く学園ミステリ。中学男子の屈託と新米教師の憂鬱が事件を呼び寄せた!(第4回)
☞ カドブン > 発売即Amazon品切れ! 話題の中3デビューミステリを試し読み(第3回)
☞ カドブン > 中3にしてこのうまさ! プロ作家も驚嘆のデビュー作試し読み!!(第2回)
☞ カドブン > 藤井七段と同い年、“天才世代”のミステリ作家が登場!!(第1回)
☞ 日刊リウイチ(3月31日付の日記)
☞ ダ・ヴィンチニュース > レビュー >自殺をしようとしている生徒は一体誰なのか――10代の著者が巧みな構成で描く、青春と“自殺”をめぐるミステリー
☞ 第21回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 受賞の言葉/坪田侑也


大石大『シャガクに訊け!』改稿作業終了!

第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作、大石大『シャガクに訊け!』の改稿作業が終わりました。受賞作は落札した光文社より、10月刊の予定です。詳細はあらためて告知します。お楽しみに!(7月22日)

☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評(2月1日)
☞ 受賞の言葉/大石大(2月1日)
☞ 第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作/入札結果発表!(4月17日)


『探偵はぼっちじゃない』KADOKAWA特製POP出来!

坪田侑也『探偵はぼっちじゃない』のKADOKAWA特製POPができました。いま、著者も作品も各媒体でひっぱりだこです。未読の方は、この夏、天才世代のデビュー作にぜひお付き合いください。 (7月11日)

☞ Amazon > 探偵はぼっちじゃない
☞ 朝日新聞 > カジュアル読書 > 中学生と教師の視点、絡み合う謎『探偵はぼっちじゃない』坪田侑也さん
☞ 文春オンライン > 中学3年の夏休みに書いた“自由研究”がデビュー作に。慶應に通う高校生作家の素顔
☞ anan NEWS > 小3から小説を!注目の高校生作家・坪田侑也の『探偵はぼっちじゃない』
☞ anan 電子版はこちらから購入できます
☞ Amazon > 別冊文藝春秋7月号(電子版26号)
☞ 別冊文藝春秋7月号 目次
☞ Hayakawa Online > ミステリマガジン2019年7月号
☞ J-CAST BOOKウォッチ > 火曜J-CAST書評 > 慶応義塾普通部の3年生が書いた等身大の推理小説
☞ カドブン > 大の大人をなぎ倒す上手さと、中3ならではの切実さ! 話題の天才作家デビュー作を試し読み!(第5回)
☞ カドブン > 中3デビュー作家が描く学園ミステリ。中学男子の屈託と新米教師の憂鬱が事件を呼び寄せた!(第4回)
☞ カドブン > 発売即Amazon品切れ! 話題の中3デビューミステリを試し読み(第3回)
☞ カドブン > 中3にしてこのうまさ! プロ作家も驚嘆のデビュー作試し読み!!(第2回)
☞ カドブン > 藤井七段と同い年、“天才世代”のミステリ作家が登場!!(第1回)
☞ 日刊リウイチ(3月31日付の日記)
☞ ダ・ヴィンチニュース > レビュー >自殺をしようとしている生徒は一体誰なのか――10代の著者が巧みな構成で描く、青春と“自殺”をめぐるミステリー
☞ 第21回ボイルドエッグズ新人賞発表/講評
☞ 受賞の言葉/坪田侑也


⇒Archives > 2019年1月〜6月
Hot Book
シャガクに訊け!
大石大
光文社/2019年10月22日刊/定価・本体1600円+税
その悩み、社会学が解決します!
コミュ障で根暗な社会心理学講師と、おひとよしで責任感の強い女子大生コンビによる、人生相談室、開幕! 楽しくってためになる、まったく新しい社会心理学×青春×ミステリーの誕生!
第22回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。
Eggs Bookstand
探偵はぼっちじゃない
坪田侑也
KADOKAWA
2019年3月刊
定価・本体1600円/2刷
第21回ボイルドエッグズ新人賞受賞作!
行きたくない
小嶋陽太郎ほか
角川文庫
2019年6月刊
定価・本体600円/2刷
有村家のその日まで
尾﨑英子
光文社
2018年11月刊
定価・本体1700円
そしてぼくらは仲間になった
小嶋陽太郎ほか
ポプラ社
2018年11月刊
定価・本体1400円
Copyright (c) 2019 Boiled Eggs Ltd. All rights reserved.  Since 1999.01.01